住宅取得時に贈与税がかかる場合について

2023-11-26

税金関連

不動産を取得する際に、両親から資金援助を受ける場合に、現在は国税庁HP タックスアンサー 相続・贈与に記載がありますが、条件を満たした場合に一定金額について贈与税が非課税になります。

 「No.4508 直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

     ☝ここをクリックすると国税庁hp閲覧できます。

これは基本的にご自身がお住まいになる場合に該当します。

今回はご両親が購入してお住まいになる場合で、そのお子さんに持分を持たせる場合についての贈与について少し記載します。(一緒に住まいけれど将来の為に先に持たせたりする場合)
通常、贈与税は基礎控除額年110万円までは非課税であり、それを超えると金額に応じて課税されます。
  財産をもらった時の税金」 ☜ここをクリックすると国税庁hp閲覧できます。

現在、相続時精算課税の制度を使用する事で節税が可能になる場合があります。
詳細は以下を参照下さい。
  「財産をもらった時の税金」  ☜ここをクリックすると国税庁hp閲覧できます。

この制度が利用するとメリットが生じる方もいらっしゃいますが、資産が多い方々の場合には、一般的な「暦年課税」と言われる贈与による課税にて清算をした方が良い場合があります。
制度を使用する前によく検討し、メリットがある方法を選択されることをお勧めします。(あくまでご紹介ですので自己責任でお選びください。)

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

04-7127-1200

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週水曜日 第1・第3・第5火曜日

売却査定

お問い合わせ