不動産売却でリフォームは必要?実施するメリット・デメリットを解説!

2022-12-20

不動産売却でリフォームは必要?実施するメリット・デメリットを解説!

この記事のハイライト
●不動産売却前のリフォームは、物件の見た目が良くなるメリットがある一方、工事費用を回収できないデメリットがある
●リフォームの必要性を検討する際は、重要な設備の故障や内装・外観の劣化の有無がポイント
●リフォームをしない場合でも、ホームインスペクションやハウスクリーニングを実施するのがおすすめ

少しでも良い条件で不動産売却するため、リフォームしたほうが良いのかお悩みの方もいるのではないでしょうか。
リフォームすれば好印象を与えられるメリットがある一方で、気を付けたい注意点もあります。
そこで、不動産売却におけるリフォームの影響について解説します。
千葉県野田市、流山市、柏市で不動産をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

リフォームしてから不動産売却するメリット・デメリット

リフォームしてから不動産売却するメリット・デメリット

中古住宅は、多少の不具合や汚損はつきものです。
これらの問題点を解消するためには、不動産売却前のリフォームが有効です。
しかし、必ずしもリフォームするべき物件ばかりとは限りません。
そこで、リフォームを実施するメリット・デメリットを確認していきましょう。

リフォームのメリット

どんなに適切な管理や手入れをしていても、住宅は年数の経過とともに劣化が進みます。
設備の故障や陳腐化も避けられず、不動産売却の際は買主に対してマイナスの印象を与えてしまうこともあるでしょう。
そこでリフォームを実施すれば、買主に与える印象が良くなり、早期売却が期待できるメリットがあります。
リフォームは数百万円かかるものだけでなく、数十万円程度でできる簡易的なものもあります。
予算に応じて工事内容を決定できるのも、リフォームのメリットです。

リフォームのデメリット

リフォームするデメリットは、費用がかかってしまう点です。
不動産売却前なので、リフォームにかかる費用は自己資金で工面しなければなりません。
そして、工事費用の分だけ高く売れるとは限らない点にも注意が必要です。
たとえば100万円かけてリフォームしても、売却価格が変わらなければ、工事費用の分だけ損してしまうこともあるでしょう。
そのため、買主の好みやニーズに合わないリフォームを実施してしまうと、そもそも検討対象から外されるリスクもあります。
そのため、基本的に不動産売却前のリフォームはデメリットのほうが大きい点に注意しましょう。

この記事も読まれています|空き家のリフォームやリノベーションにかかる費用の相場や減税制度を解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームが必要なケース

不動産売却前にリフォームが必要なケース

不動産売却前のリフォームは、基本的には不要なケースがほとんどです。
しかし、物件の状態によってはリフォームが有効な場合もあります。
そこで、どのようなケースでリフォームが必要になるのかを確認していきましょう。

設備が故障している・機能が古い

重要な設備(給湯器など)が故障しているケースでは、不動産売却前のリフォームがおすすめです。
故障していなくても、古くて機能面で使い勝手の悪い設備も交換しておくと良いでしょう。
たとえば呼び鈴をテレビドアフォンにしたり、古いブレーカーを現在の規格のものに交換したりなどが挙げられます。

内装や外観が劣化している

物件の内装は、買主に与える第一印象に大きな影響を及ぼします。
あまりにも状態が悪いと成約に至る可能性は低くなるので、リフォームする必要があるでしょう。
たとえばペットや喫煙者がいる場合、壁紙に汚れやにおいが染み付いていると考えられます。
ハウスクリーニングでも落としきれないときは、新しい壁紙に張り替えると良いでしょう。
このほか、痛んだ畳や古いふすまなど、生活感の出やすい内装も交換するのがおすすめです。
外壁や屋根の劣化が進んでいるときも、不動産売却前に補修しておきましょう。

リフォームの価格相場

リフォームの価格相場は、工事内容によって変化します。
フルリフォームの場合は、400万円程度かかることも珍しくありません。
しかし不動産売却の場合、リフォームにお金をかけすぎるよりも、工事費用の分だけ値下げするほうが効果的です。
そのため、高くても100万円程度に収められる簡易リフォームを中心に実施すると良いでしょう。
リフォーム箇所別の価格相場は次のとおりです。

  • 外壁の補修:1㎡あたり3,000~5,000円
  • 塀の修繕:1㎡あたり1.3~2万円
  • 畳の張り替え:1枚あたり1.3万円
  • 障子の張り替え:1枚あたり2,000円
  • ドアの修繕:1枚あたり5万円
  • 壁紙の張り替え:1㎡あたり1,000円
  • 給湯器の修繕:2万円

本格的なリフォームを実施する場合は、水回りの工事をおこなうこともあるでしょう。
それぞれの価格相場や、費用を抑えるポイントは次のとおりです。
トイレ:10~50万円
温水洗浄便座の取り付けのみなら、10万円以内で工事可能です。
しかし和式を洋式への改装や、コンセントの電気工事、排水配管の移設などが必要なときは、50万円程度かかることもあります。
キッチン:50~150万円
キッチンは設備のグレードによって、価格が大きく変動します。
少しでも費用を抑える場合は、場所や間取りの変更を伴わないものを選ぶと良いでしょう。
なお、アイランド型システムキッチンでは、200万円近くかかります。
浴室:50~150万円
ユニットバスの交換のみなら、50~80万円で可能です。
昔ながらのタイル張りの浴室といった在来工法からユニットバスに変えるときは、解体費用がかかるので100万円を超えるケースもあります。
洗面所:20~50万円
シンプルで最低限の機能のものなら、20万円程度で交換できます。
機能にこだわったり、大きなサイズのものに交換したりする場合には、50万円程度を見込んでおきましょう。

この記事も読まれています|空き家のリフォームやリノベーションにかかる費用の相場や減税制度を解説

\お気軽にご相談ください!/

リフォームしない場合でも不動産売却を成功させるポイント

リフォームしない場合でも不動産売却を成功させるポイント

不動産売却前のリフォームは、多額の費用がかかるので基本的にはおすすめしません。
そこでリフォームしないときでも、不動産売却を成功させるポイントを確認していきましょう。

ホームインスペクションを実施する

不動産売却前のリフォームは、優先度の高い箇所から手がけるのがポイントです。
そこで、ホームインスペクションを利用すると良いでしょう。
ホームインスペクションでは、目視により室内や床下、小屋裏、外壁、屋根などの劣化状態を診断します。
リフォームすべき箇所や工事のタイミングに関するアドバイスも受けられるため、不動産売却の参考になるでしょう。
売買交渉時の判断材料になる
ホームインスペクションの結果を買主に共有すれば、売買交渉時の判断材料になります。
何らかの不具合が見つかったとしても、リフォームにより修繕できる範囲であれば、不動産売却に大きな影響はないでしょう。
直すべき箇所が明確になる分、売買交渉もスムーズに進められる可能性が高まります。
価格交渉を受ける際も、工事が必要な箇所を把握していれば、最小限の値引きで対応が可能です。

ハウスクリーニングをおこなう

大きな問題点がない場合にも、ハウスクリーニングは実施するのがおすすめです。
水回りなどの汚れやすい箇所は、個人では掃除しきれないことも多いでしょう。
そこで、専門業者によるハウスクリーニングをおこなえば、生活感を払拭できる効果が期待できます。
なお、汚れがひどすぎるときには、壁紙の張り替えといった簡易リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事も読まれています|空き家のリフォームやリノベーションにかかる費用の相場や減税制度を解説

まとめ

不動産売却における、リフォームのメリット・デメリットを解説しました。
原則として、不動産売却前のリフォームは必要ありません。
しかし売主側で工事しない場合でも、ホームインスペクションなどを活用して、リフォームすべき箇所を調べておくのがおすすめです。
私たち「ちば住販株式会社」は、千葉県野田市、流山市、柏市で価格査定の依頼を承っております。
不動産売却前にリフォームするかどうかでお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

04-7127-1200

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週水曜日 第1・第3・第5火曜日

売却査定

お問い合わせ